今話題の和楽器の魅力

>

和楽器とは一体何か

和楽器の種類

和楽器の種類といっても、たくさん種類があります。

一番ポピュラーな和楽器で奏でる、神事の時に奏でられる音楽の事を、雅楽と言います。
その中で用いられる楽器は、笙、龍笛、篳篥です。
どの楽器も、笛の様な吹き物の楽器です。

弾物の種類としては、琵琶、箏、和琴です。
こちらの楽器はすべて弦が張られている、弦楽器です。

そして、打物である、太鼓、鉦鼓、鞨鼓、三の鼓、笏拍子です。
叩いたりして音を出し、リズムを刻むための楽器です。

これらの、吹物、弾物、打物の3つのパートからなる音楽を雅楽と言います。
雅楽に使われている楽器は、少し特殊な物が多いので、演奏できる人の数が限られていたり、伝承するのが難しいとされている物もあります。

さらに詳しく

他にもたくさんの種類があります。
日本で生まれた楽器もありますが、伝来してきたのが日本で商品化されたり、改良されて日本の和楽器となった楽器もあります。

笙や龍笛の他に、一番知られているといっても過言ではないと思う吹物の楽器は、尺八だと思います。
名前も実物も見たことがある人がほとんどだと思います。

あと、打楽器の中でも、ポピュラーなのが、鳴子です。
鳴子は持って踊る舞踊があったり、音楽を奏でるというより、持ってリズムを刻みながら踊るというように使われている打楽器もあります。

和楽器と言えば、三味線。
こちらも代表的な楽器の一つだと思います。
沖縄では、三味線とよく似ている、三線と呼ばれる楽器や、手に持つ太鼓の、パーランクーという物もあります。
地域ならではの和楽器もあるのですね。


TOPへ戻る